フランス大使公邸にて。ART DE VIVRE

Category : アート・展示会
一ヶ月ほど前のこと。


フランス大使館から
フレンチライフスタイル展の招待状が届きました。


なんと、、フランス大使公邸で開催されるという
インテリアのイベント。
夢のような話なのです。


まず頭をよぎったのは、何着ていく?
ということだったのですが...笑


シンプルにオールブラック&
とっておきのカルティエの時計をして
ドキドキしながら訪問しました。




IMG_9677_convert_20220624153905.jpg
ART DE VIVREとは
フランス流の暮らし方、生き方





IMG_9682_convert_20220624153954.jpg



まずは、フランス大使公邸の
開放的な空間、美しい庭園


優雅ななんとも言えない空気感に
しばし感動を覚え、




IMG_9685_convert_20220624154043.jpg
ビビッドブルーのラウンジチェア
ligne roset




ちょっぴり場に慣れてきたところで
各ブランドを拝見しました。




IMG_9707_convert_20220624154343.jpg
ISIDORE LEROY 壁紙のブランド



風景画のような
自然をモチーフにした壁紙が多く
とても素敵でした。


シックな色展開がエレガント。
このままアートになりそう。



IMG_9703_convert_20220624154315.jpg
GARNIER THIIEBAUT テキスタイルのブランド



ジャガード織のテーブルリネンが種類豊富
いつかは自宅用にと思いつつ...
高級なので...


ベッドリネンも上質。



IMG_9702_convert_20220624154241.jpg




鶴の刺繍が施されたスロー、素敵すぎる~
ホテルなどのラグジュアリーな
雰囲気ににぴったりですね。




IMG_9699_convert_20220624154138.jpg
RAYNAUD 食器ブランド



受注生産、手作りだそう。


絵柄と色づかいがかわいくて
食卓に一枚あると映えそうです。




IMG_9695_convert_20220624171144.jpg
sammode studio



去年あたりから
すごく気になっている
ピエール・ガーリッシュの照明。


どうも最近こういった素材感や
造形美に惹かれている模様。


このほか伝統格式を感じる
Ecart internationalの家具や


ラグ・タペストリーのブランド
ATELIERS PINTONも素敵でした。



フランスの商材に触れてみて感じたことは
日本の文化、考え方と似ているところが多い
ということ。


伝統や職人のものづくりを尊重し敬う
上質なものを永く使う
自然と調和する暮らし方などなど。


わたしがフランスに憧れを抱くのも
たぶん根底に流れるものに
なにか近いものを感じるからかもしれません。


なんてことを思いながら
夢のような幸せな一日を
過ごさせていただきました。



IMG_9706_convert_20220624154508.jpg



細々とだけれど、
この仕事を続けてきたご褒美。
楽しかったです!


関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

juni+

Author:juni+
Design Office Niji
デザインオフィスニジ
インテリアデザイナー 井田順子



我が家の猫たち
・グーグー
2010.8.9
アメリカンショートヘアー 男の子
甘えんぼ
鼻づまりっぽい
飼い主にチューをするのが生きがい
2021.11.21 肥大型心筋症のためお空へ転勤

・マリン
2010.8.14
スコティッシュフォールド 男の子
食いしんぼ
おなかが弱い
おもちゃのねずみが大好き

・れん
2021.秋生まれ(推定)
保護猫 キジトラ 男の子
2022.10.18 1歳で我が家へ
控えめでおとなしい
マリンよりも食いしんぼ

最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示