fc2ブログ

小田原 江之浦測候所

Category : お出かけ
かねてから訪れてみたかった
小田原文化財団 江之浦測候所へ。


心配していた天気はまずまず。

根府川駅。
無人駅なんです。レトロ感満載。



DSC_6601_convert_20191025115257.jpg



バスに揺られて
くねくねした山道を上ると10分ほどで到着。


各施設は、ギャラリー棟、石舞台、光学硝子舞台
茶室、庭園、門などから構成されています。




DSC_6613_convert_20191025115539.jpg
ギャラリー棟



海抜100メートル地点に
100メートルのギャラリーが
海に向かって流れるように建っている。



DSC_6626_convert_20191025115643.jpg


自然剥離肌の大谷石に覆われた
重厚な壁が素敵。


それに対比するように対面のガラスは
柱の支えなしに37枚が自立していて


計算しつくされたこの空間を

夏至の朝、海から昇る太陽光が
数分間に渡って駆け抜けるという。
(なんてロマンチック)



DSC_6610_convert_20191025115501.jpg
海に続く石畳



眼前に相模湾を望む舞台。
まさに圧巻!



DSC_6616_convert_20191025120051.jpg
光学硝子舞台



ヒノキの懸造り(かけづくり)の上に
光学硝子が敷き詰められた
モダンな舞台。



DSC_6619_convert_20191025120201.jpg


DSC_6629_convert_20191025120343.jpg
鉄板でできたトンネル?もかっこいい



もともとはみかん畑の山。


今もみかんは
農家さんが収穫しているらしいです。



DSC_6634_convert_20191025120427.jpg



みかん畑のほかにも
自然のままの竹林が残されていたり


杉本博司氏が継承していきたいものが
(建築様式や伝統工法、石材...など)


自然と一体に
肌で感じられる場所になっていました。


ただ全部歩いて回ると、勾配があるので
けっこう、かなり、大変かも。




DSC_6642_convert_20191029214709.jpg
一番下から舞台を見上げる




IMG_5555_convert_20191025120532.jpg



無限に広がる海と空。


この日は曇天だったので
海と空の境目があいまいで

これはこれで素敵でした。


スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

juni+

Author:juni+
フリーランスのインテリアコーディネーター
Design Office Niji デザインオフィスニジ主宰
井田順子


我が家の猫たち
・グーグー
10.8.9
アメリカンショートヘアー♂
甘えんぼ
鼻づまりっぽい
飼い主にチューをするのが生きがい

・マリン
10.8.14
スコティッシュフォールド♂
食いしんぼ
おなかが弱い
おもちゃのねずみが大好き

最新記事
リンク
最新コメント
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR