自由学園明日館

Category : お出かけ
お盆休み、池袋にある
自由学園明日館(みょうにちかん)に
行ってきました。


自由学園明日館は
1921年 羽仁吉一、もと子夫妻が創立した自由学園の校舎。


フランク・ロイド・ライトの設計で
重要文化財にもなっています。



一番好きな眺め
IMG_5676_convert_20170822131332.jpg
大谷石(おおやいし)、砂漆喰、木窓枠。


ライトといえば、大谷石。
床や壁、各部屋に大谷石が使われている。
今となっては贅沢。巾木にも~




食堂
FullSizeRender_convert_20170822131252.jpg
重厚でクラシカル



興味深かったのは、食堂の位置。


「手作りのあたたかい食事をみんなで頂く」
という羽生夫妻の教育理念により


当時の学校建築には珍しく
建物の中央に設計されています。
(中央はおもてなしの場として設計されることが多い)




1_convert_20170822131115.jpg

2_convert_20170822131140.jpg
椅子のデザインは遠藤新


椅子が可愛かった。


板と板をつなぐには予算がかかるため
デザインとしてスリットを設けたり


赤いクロスの金具でとめたりと
工夫がみられる。


この椅子欲しいなと思ったら
併設のショップで売ってました。笑




3_convert_20170822131202.jpg
ホール(毎朝の礼拝をしていた部屋)



窓のデザインは幾何学模様で構成。
ライトが好んで用いた特徴的なデザイン。


ライト的にはステンドグラスにしたかったみたいだけど
学校なので、質素で美しく という形に。


今は喫茶室になっていて
コーヒーと焼き菓子をいただきながら
ライト建築に身を置けるいい空間。




IMG_5695_convert_20170822131358.jpg



今回はガイドツアー(午後2時から)に参加しました。


重要文化財に指定されるための復元の話も聞けて
面白かったです。

自由学園明日館


関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

juni+

Author:juni+
Design Office Niji
デザインオフィスニジ
インテリアデザイナー 井田順子



我が家の猫たち
・グーグー
2010.8.9
アメリカンショートヘアー 男の子
甘えんぼ
鼻づまりっぽい
飼い主にチューをするのが生きがい
2021.11.21 肥大型心筋症のためお空へ転勤

・マリン
2010.8.14
スコティッシュフォールド 男の子
食いしんぼ
おなかが弱い
おもちゃのねずみが大好き

・れん
2021.秋生まれ(推定)
保護猫 キジトラ 男の子
2022.10.18 1歳で我が家へ
控えめでおとなしい
マリンよりも食いしんぼ

最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示