arflex展示会にて

Category : アート・展示会
長かった夏も終わり
ようやく秋の気配が漂ってきました。


先日アルフレックスの展示会へ
行ってきました。

アルフレックスの代名詞とも言える
A・SOFAがサステナブルな素材に
生まれ変わって新登場!


IMG_1275_convert_20231006094002.jpg



1968年に発売されたA・SOFA
デザインはいい意味で普通ですが
だからこそ、どこに置いてもしっくりくるソファ。

張地で、クッションで、
いかようにも楽しめて
個性を出せるのも魅力的。


壁のスクラッチタイルが懐かしい感じで
深みのあるファブリックカラーとアートの
合わせが素敵!



IMG_1278_convert_20231006094029.jpg


テラゾーのテーブルが
モダンに昇華してくれてます。

いいなあ
テラゾーのテーブルほしい。


あ、話がそれましたが
ソファのサステナブルは
座面やクッションの中材が変わりました。

ウレタンや羽毛で製作していたものを
再生可能なマイクロファイバーやポリエチレンに。

そうすることで原料の45%が
リサイクルできるそう。


環境に優しい商品を購入することは
購入したお客さまの充足感
(イミ消費というらしい。意味のある消費)にも
つながりますし、いいことですね。



IMG_1274_convert_20231006093727.jpg
ISLE(新作)


フレームはイエロー、ペールグリーン
ブラウンの3色展開。

張地もおしゃれで
座り心地もよかったです。



IMG_1281_convert_20231006093756.jpg

IMG_1282_convert_20231006094057.jpg
カッコよすぎる


アウトドア家具
これを置けるテラスって..

目の保養に。



IMG_1287_convert_20231006093847.jpg


照明も新作出てました。
やわらかい光で癒されます。

やっぱり展示会は楽しい。
いろいろと触発されました。



IMG_1286_convert_20231006093822.jpg



::::


2拠点生活を始める
お客さまからのご依頼で
初出張してきました。


兵庫県が現場だったので
打ち合わせをしたあと
ちょっと足を延ばして京都まで。


知人と待ち合わせしまして
こんなところに
案内してもらいました。


IMG_1321_convert_20231006093912.jpg


4時間の滞在時間
フル稼働。笑


IMG_1348_convert_20231006093935.jpg


次回は京都でのひと時を
お伝えします。


スポンサーサイト



マティス展とロザリオ礼拝堂

Category : アート・展示会
マティス展へ
行ってきました。


マティスはわたしの一番好きな画家。
なにが好きって
すべてがピースフルだから…



写真は昔、ロザリオ礼拝堂を
訪れたときのもの。



DSC_8726_convert_20230801140153.jpg



晩年のマティスが全精力を捧げて
作り上げたロザリオ礼拝堂。


南フランスの
海と山、自然豊かなおおらかな土地
ヴァンスにあります。





DSC_8727_convert_20230801140843.jpg




高台から見おろす景色は印象的で

ここに身を置くだけで不思議と
こころが穏やかになったのを覚えてます。




DSC_8735_convert_20230801140420.jpg

DSC_8731_convert_20230801140516.jpg

DSC_8732_convert_20230801140542.jpg



内部は撮影禁止だったけど
マティスらしさ全開。

美しくて、可愛かったー



青、黄、緑色の
ステンドグラスを通り抜けた光は
小さな礼拝堂をさまざまな色で包み込み


訪れる人々を
祝福してくれている感じがした。


マティスも建物も
多くは語らないけれど
そこには命の尊さ、愛があふれてました。



DSC_8734_convert_20230801140610.jpg



礼拝堂で購入したポストカードは
額装して部屋に飾ってます。
いまでも宝物。



上野のマティス展では
切り絵のポスターとかTシャツを。



IMG_0878_convert_20230801140722.jpg



ジャケットのインにしたら
いいかもねーと
友達と盛り上がって買ってしまったTシャツ。



IMG_0884_convert_20230801140748.jpg



果たして着るのかどうか笑



マティス展は8月20日まで。
マティス展 Henri Matisse



グッズが豊富で
選ぶのたのしいです!


エゴン・シーレ展

Category : アート・展示会
東京都美術館で開催中の
エゴン・シーレ展へ。


ウィーンが生んだ若き天才 と
言われるだけある。


DSC_9055_convert_20230303143044.jpg



早熟した感性と不穏な空気を感じさせる
アンバランスさ。


若さゆえの葛藤、ジレンマみたいなものが
ひしひしと伝わってきて
作品に引き込まれました。


クリムトの影響を受けているのも
垣間見れてそれも面白かったな。




DSC_9054_convert_20230303142658.jpg
ポストカード買ってきた




DSC_9048_convert_20230303143006.jpg





DSC_9051_convert_20230303143130.jpg




4月9日まで開催中。
事前予約してからの方がいいようです。
(平日でもけっこう混みあってました)

エゴン・シーレ展


フィン・ユールとデンマークの椅子

Category : アート・展示会
東京都美術館で開催中の
フィン・ユールとデンマークの椅子展へ
行ってきました。



IMG_9922_convert_20220930150242.jpg



フィン・ユールといえば
イージーチェアと
ペリカンチェアぐらいしか
知らなかったのですが



建築の設計やインテリアデザインも
手がけていたんですね。



IMG_9925_convert_20220930150348.jpg



フィン・ユール邸の平面図や
椅子の図面などもあって
興味深く見てきました。




IMG_9941_convert_20220930150615.jpg
水彩がいい感じで飾っておきたくなる




デンマークの椅子の数々。


展示順がとっても素敵。
木の椅子もいいし
スチール系も好き。




IMG_9927_convert_20220930150413.jpg


IMG_9933_convert_20220930150438.jpg



写真OKだったので
好きな椅子をぱちぱち撮って
帰ってからリストと照らし合わせて
愉しむのもいいかも。



最後に実際に椅子に座れる空間がありまして
キッズ以外全ての椅子に座ってきました。



フィン・ユールの
チーフテンチェアやベイカーソファ...


座高が低くて(SH345、440)
見た目のごつさと違って
意外と座り心地よかった。



椅子は眺めてるだけじゃなく
ぜひ座って体感してほしい。


いい椅子に出会ったときは
きっと感動すると思います!



フィン・ユールとデンマークの椅子



IMG_9943_convert_20220930150507.jpg



フランス大使公邸にて。ART DE VIVRE

Category : アート・展示会
一ヶ月ほど前のこと。


フランス大使館から
フレンチライフスタイル展の招待状が届きました。


なんと、、フランス大使公邸で開催されるという
インテリアのイベント。
夢のような話なのです。


まず頭をよぎったのは、何着ていく?
ということだったのですが...笑


シンプルにオールブラック&
とっておきのカルティエの時計をして
ドキドキしながら訪問しました。




IMG_9677_convert_20220624153905.jpg
ART DE VIVREとは
フランス流の暮らし方、生き方





IMG_9682_convert_20220624153954.jpg



まずは、フランス大使公邸の
開放的な空間、美しい庭園


優雅ななんとも言えない空気感に
しばし感動を覚え、




IMG_9685_convert_20220624154043.jpg
ビビッドブルーのラウンジチェア
ligne roset




ちょっぴり場に慣れてきたところで
各ブランドを拝見しました。




IMG_9707_convert_20220624154343.jpg
ISIDORE LEROY 壁紙のブランド



風景画のような
自然をモチーフにした壁紙が多く
とても素敵でした。


シックな色展開がエレガント。
このままアートになりそう。



IMG_9703_convert_20220624154315.jpg
GARNIER THIIEBAUT テキスタイルのブランド



ジャガード織のテーブルリネンが種類豊富
いつかは自宅用にと思いつつ...
高級なので...


ベッドリネンも上質。



IMG_9702_convert_20220624154241.jpg




鶴の刺繍が施されたスロー、素敵すぎる~
ホテルなどのラグジュアリーな
雰囲気ににぴったりですね。




IMG_9699_convert_20220624154138.jpg
RAYNAUD 食器ブランド



受注生産、手作りだそう。


絵柄と色づかいがかわいくて
食卓に一枚あると映えそうです。




IMG_9695_convert_20220624171144.jpg
sammode studio



去年あたりから
すごく気になっている
ピエール・ガーリッシュの照明。


どうも最近こういった素材感や
造形美に惹かれている模様。


このほか伝統格式を感じる
Ecart internationalの家具や


ラグ・タペストリーのブランド
ATELIERS PINTONも素敵でした。



フランスの商材に触れてみて感じたことは
日本の文化、考え方と似ているところが多い
ということ。


伝統や職人のものづくりを尊重し敬う
上質なものを永く使う
自然と調和する暮らし方などなど。


わたしがフランスに憧れを抱くのも
たぶん根底に流れるものに
なにか近いものを感じるからかもしれません。


なんてことを思いながら
夢のような幸せな一日を
過ごさせていただきました。



IMG_9706_convert_20220624154508.jpg



細々とだけれど、
この仕事を続けてきたご褒美。
楽しかったです!


ミロ展@Bunkamura

Category : アート・展示会
Bunkamuraで開催中の
ミロ展へ。

バルセロナ生まれの
ジョアン・ミロ。


ミロの作品は今の時代に見ても
遊び心に溢れていて、
グラフィック&モダンでかっこいい。




IMG_9242_convert_20220414145638_20220414150258206.jpg



日本文化への造詣も深かったというミロ。

浮世絵や書、民芸品など
日本ならではの文化、感性を取り入れ


独自の世界観を作り上げた
作品の数々。
じっくり見れば見るほどおもしろかった。




IMG_9244_convert_20220414145700.jpg




記念に一枚と思い
悩みに悩んで
ミロの初期の作品(1925年)を
買って帰りました。


どんな額装にしようかな
どこに飾ろうかな...



ミロ展
4月17日(日)まで



インテリアライフスタイル展

Category : アート・展示会
久しぶりの展示会へ。

去年は直前に中止になってしまったので
2年ぶりかな。


家具をメインにしっかりチェック。
取引きをお願いしたいところが見つかりまして
有意義な時間となりました。


毎年少しずつではあるけれど
提案の幅が広がることに
わくわくします。



IMG_8906_convert_20211022133914.jpg
手嶋保さんのブース


椅子素敵でした。


住宅雑誌などをぱらぱらとめくっていて
あっ、いいなと思うと
手嶋さんの建築だったりすることが多くて...


実物を拝見できて感無量。笑



IMG_8893_convert_20211022133649.jpg
川上元美さんのブース


歴代の椅子がずらーっと。

納品したことあるものも
ちらほらありました。




デスク関係の展示が多かった印象。



IMG_8910_convert_20211022133759.jpg


立ったまま作業もできる
ハイカウンター使いやすそう。

需要も増えている感あります。



IMG_8916_convert_20211022133822.jpg



こちらのデスク
目を引きました。


早速提案したいぐらい。
価格もリーズナブル。



IMG_8911_convert_20211022133720.jpg
ムートの照明の展示かわいい。


::::



このあと
なかなかお台場方面にくる機会も少ないので、
CASICAに寄ってお茶して帰りました。



IMG_8926_convert_20211022152341.jpg



次回につづく。


プロフィール

juni+

Author:juni+
Design Office Niji
デザインオフィスニジ
インテリアデザイナー 井田順子



我が家の猫たち
・グーグー
2010.8.9
アメリカンショートヘアー 男の子
甘えんぼ
鼻づまりっぽい
飼い主にチューをするのが生きがい
2021.11.21 肥大型心筋症のためお空へ転勤

・マリン
2010.8.14
スコティッシュフォールド 男の子
食いしんぼ
おなかが弱い
おもちゃのねずみが大好き

・れん
2021.秋生まれ(推定)
保護猫 キジトラ 男の子
2022.10.18 1歳で我が家へ
控えめでおとなしい
マリンよりも食いしんぼ

最新記事
リンク
カウンター
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示